「吟醸らーめん久保田 本店」は味噌つけめんが楽しめる京都駅近くのお店!

スポンサーリンク

京都駅には、駅構内にたくさんの飲食店があります。

しかし、観光地価格のようなところがあるのも事実。選択肢が多すぎて、意外と迷ってしまうことも。

今回は、京都駅から徒歩圏内にある、味噌つけ麺のお店「吟醸らーめん久保田 本店」をご紹介します。

きっと、「京都駅近くでつけ麺を食べるならここ!」の候補1つになりますよ。

スポンサーリンク

「吟醸らーめん久保田 」の味噌つけ麺ってどんな味?

久保田の味噌つけめん大

味噌つけめん大1,000円。

つけ麺といえば魚介系の濃厚なつけ汁が特徴。つけ麺に対する基本のイメージは「魚介」ですよね。

味噌つけ麺は、「味噌らーめん」とは明らかに違います。

味噌という前知識抜きに、純粋に味わうと「カニやエビに近い」と感じました。

カニ味噌というよりは、カニの殻の出汁のような味わいで、担担麺にも似ています。

ちなみに「吟醸」と聞くと日本酒をイメージしますが、醤油や味噌にも使う言葉で、「吟味した原料を用いた念入りな醸造」という意味のようです。

お店の、スープへの強いこだわりが伝わってきます。

久保田の味噌つけめん並盛り卵入り

味噌つけめん並盛り卵入り。900円。

こちらは並盛り。麺はつけ麺らしいコシのある麺でした。

ごろっとしたチャーシューは入っていなく、豚の細切れのようなお肉と、底に担担麺に入っているようなミンチ肉がありました。

つけ汁は少し甘めですが、かかっている赤いタレでちょうどよくなります。

七味と山椒

七味や山椒で味変できます。

カウンターには七味と山椒が備えてあります。

スープや麺にからめてアレンジしてもよいでしょう。つけ麺屋さんで山椒があるのは少し珍しいかもしれません。試してみましたが意外と合います。

つけ麺のつけ汁

最後はご飯を入れるのが正しい選択。

スープ割はうれしいセルフサービス

スープ割りが入ったポット

スープ割りは昆布だし。

忙しそうな店員さんに声をかけてスープ割りをお願いするのはちょっと気がひけるもの。カウンターにスープ割りのポットが用意してあるのは嬉しいです。

スープ割りはつけ麺の楽しみの1つですので、自分の加減で出汁を足せるのは助かりますね。

「吟醸らーめん久保田」のスープ割りは、昆布だし。

お店によってはそのままでもしっかりとスープ割りに味がありますが、久保田のスープ割りは少し薄め。欲張って入れすぎないようにしてください。

ちなみにスープポットの下に敷いてあるのは外国人向けの注意書き。「お水じゃないよ。スープ割りだよ」という趣旨のことが書いてありました。

こういうところにお店の気づかいを感じます。

つけ麺の食べ方講座

外国人向け「つけ麺の食べ方講座」も。

紙エプロンはテーブルの上の壁に

ボックスティッシュと割りばしと紙エプロン

麺類を食べるときに欠かせない紙エプロンは、カウンターの上の壁に設置されています。

洗って使う普通のお箸だけでなく、割りばしもありますのでお好みでどうぞ。

店員さんの人数によりメニューが限定されることも

吟醸らーめん久保田のメニュー

この隣には英語表記のメニューが貼ってあります。

曜日によってお昼の時間帯は店員さん1人で回していることがあり、その際は「味噌つけめん」以外の麺類は提供していないことがあります。

ご飯ものやビールは注文できます。

※公式ブログ(https://ameblo.jp/ginjora-menkubota/)によると水曜日と木曜日のお昼が、味噌つけめんのみとなるようです。

久保田の食券機

つけ麺のあつもり・らーめんの麺かためはなし。夜限定のメニューも。

「吟醸らーめん久保田 」はカウンターのみの10席。並ぶことを覚悟して

吟醸ラーメン久保田ののれん

「吟醸らーめん久保田 本店」は、カウンター10席のみのお店です。

平日の昼間に訪問したところ、お店の外で並ぶことはありませんでしたが、中で少し待ちました。

近くにゲストハウスがある関係か、外国人のお客さんも多いです。人気店ですので、少し並ぶつもりで行くとよいでしょう。

男女比はだいたい7:3といったところです。

専用の駐輪場や駐車場はありませんのでご注意ください。近くにコインパーキングはありますよ。

お店は地下鉄烏丸線の「五条駅」が最寄り駅ですが、京都駅からも徒歩圏内です。京都駅からはゆっくり歩いて15分くらいです。

京都タワーや東本願寺のそばを通って、お散歩の延長で行けます。

ちなみに屋号には「本店」とありますが、支店はないようです。

臨時の営業時間変更やお休みは公式ブログやtwitterで発表されてますので、訪問前に確認してください。

今回は以上です。

ではまた!

公式ブログ→https://ameblo.jp/ginjora-menkubota/

公式twitter→https://twitter.com/ramenkubotagumi?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor